なぜ経済成長が必要なのか。

2016年1月19日 国内

経済的な豊かさのみが幸福をもたらすわけではないということは、だれしも感じているところだろう。しかし、熱病のように経済成長の必要性を説くのはなぜだろうか。

一説によると銀行などの利子の存在が経済成長を必要としていて、いわば資本主義という車を回し続けなければクラッシュしてしまうということらしい。

仮に日本に1000兆円の預金があったとする。0.1%の利子がつくとすると1年後には1oo1兆円存在していなければならない。確かに利子の存在は際限のない現金の膨張を予感させる。しかし、利子返済のための借金をすれば必ずしも実体経済を経由させる必要はない。つまり、経済成長なしでも金利による通貨の膨張は起こってくるということだ。

個人でも多重債務で破産する人がいるように、金融機関が貸してくれさえすれば借り換えによって利子を返済すれば経済成長は必要ないことになる。政府は毎年、借り入れによる国債の利払いを行っている。

また、元本を返済してしまったらこの話は成り立たなくなる。バブルが崩壊すると金融収縮が起きる。金融収縮というのは借金返済だ。信用創造で膨らんだ部分がしぼんでしまうので、1000兆円あったものが900兆円になることもありうる。実際にバブルが崩壊すると、むしろ中央銀行の思い切った緩和で通貨の量は増えることのほうが多いが。

利子によってお金が一方通行で増え続けるというわけでもないし、利子返済のために必ずしも経済成長が必要というわけでもない。

では、なぜ経済成長が必要なのだろうか。

例えば1個100円のものが10個売れたとする。次の年に11個売れれば売り上げは100円伸びて経済成長したことになる。もう一つのパターンとして個数は10個で変わりはないのだが、値段が110円になって売り上げが伸びることがある。

実際には同じものが10個しか売れてないので、正味の豊かさは変わらないのに、物価が上がったせいで経済成長しているように見える。

実はこの物価上昇型の経済成長が日本を含めた先進国には必要なのだ。

毎年売れる数が増えていく経済成長は貧しい国には必要だが、日本などの先進国にはさほど必要ない。もちろん、技術の進歩などによる新しい産業などは歓迎するべきだが、それだけで成長を持続するのは不可能だ。技術を開発するスピードよりも普及するスピードのほうが早い。

物価の上昇は所得の水準に比例する。1960年代の大卒の初任給が16115円(◆参考資料:物価の文化史事典(展望社)で、散髪代が200〜300円なので今の1/10くらいだろうか。散髪代が安いがその分給料も安い。

このことから所得の水準が物価を決めると考えられる。リフレ派は金融緩和だけで物価が上昇するという意見だが、個々の財布の中まで貨幣がはいってこそ物価は上昇すると考える。つまり、物価が上昇するということは経済成長をもたらし、所得が増えていることを意味する。

まず、所得が決まって次にそれに応じる形で物価が決まるのだ。

しかし、物価によって企業収益が決まり、従業員の給料が決まるという見方もできる。物価がなんらかの理由で先に決まっていて、給料はその影響を受けるという考え方だ。

サラリーマンの所得は企業収益に左右されるが、年金生活者や公務員給料などは政府の加減によって決めることができる。また、税制によって所得を左右することも可能だ。政府の支出や税制によって国民の所得は決めることができる。

最初のなぜ経済成長が必要かという答えは、政府による分配が十分に行われていれば物価上昇をもたらす。物価上昇が起きれば経済が成長するというものだ。経済成長自体が目的ではなく、国民がお金の心配をせずに豊かな暮らしができていれば物価上昇に表れてくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA