投機か投資か

2015年11月25日 投資

株を始めようと思ったのはデイトレの本を本屋で見つけてからだった。

二階堂さん?だったかな。の1日1万円で毎日が給料日というサブタイトルの本だった。早速、車を売り払って100万軍資金を用意したが、勝ったり負けたりでジリジリ資金だけが減っていった。ような気がする。10年以上前の話なので記憶が曖昧だ。

その後も日経225やシステムトレードやFXや為替オプションやらやったが結構やられていると思う。怖くて計算していない。もともとパチンコが好きでパチンコやっていたのだが、株のほうが効率的であり経済の勉強にもなるからと始めたのだった。

一方で長期投資にも興味はあってバリュー投資などの本も読んでいた。山角さんだったかな?バリュー投資で一山当てたという人の本も買って読んだ。ギャンブル的な相場はやるなということだったが、後に移動平均線について記事を書いていて驚いた。株が上がるのをじっと待てなくなったらしい。

というわけで、投機は色々かじってきて、かなり難しいというのがその感想だ。なので、今は投資信託とREIT、現物不動産という投資家をやっている。トマピケティによれば不動産のリターンの平均は年3%、株が7%くらいらしい。平均で5%程度だ。

500万資金があれば平均すると年25万程度期待できることになる。100万だと5万だ。資金が少なくなればなるほど投機に行きたくなるわけだ。年に5万では面白くもなんともない。仮に1億デイトレで稼いだとしたら、そこから長期に切り替えて毎年500万を堅実に稼ぐのも悪くない。資金が多くなればなるほど一般的な投資のほうが魅力的な気がする。

もちろん、1億稼ぐための資金は100万前後という男達が多いだろう。100万前後しかないからこそ1億を何がなんでも目指すのだろうが。


金融・投資(全般) ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA