日銀は物価を上げたかったら金利を上げなさい!

2016年9月21日 日本銀行

日銀がヘリコプターマネーを実行することはできない。文字どおりヘリコプターに現金を詰めた袋を載せて、空から撒くのは犯罪になるからだ。

黒田総裁が髪を乱して、ヘリポートに姿を現すイメージも沸きにくい。

黒田総裁に何罪が適用になるかはわからないが、もし、国民の懐にお金を入れるとしたら、給付金のような形をとるだろう。

ヘリコプターマネーという刺激的な名前によらず、地味な政策だ。給付金というからには、政府が実施することになり、いずれにせよ日銀が直接的に手を下せるものではない。

しかし、日銀にも唯一バラマキができる方法がある。バラマキというのは、一般的には給付金や公共事業といった政府支出なのだが、日銀にも合法的にバラマク手段があるのだ。

それは、マイナス金利をやめてプラス金利を復活させることだ。それも1%くらい高めでいい。

何が起こるかというと、銀行は国債を売って日銀の当座預金に入れ始めるだろう。国債の金利が上がりはじめて、大体1%前後に収束する。10年といった長期のものはそれよりも利回りが上昇する。

国債の価格が下落するので、逃げ遅れる金融機関も出てくるが、日本全体で見るとマネーの絶対量は増えるので、いずれ挽回できる。短期的には手当が必要かもしれないが。

貸し出し金利は上がるものの、銀行の収益改善により、より積極的な貸し出しが期待できるようになる。

なぜなら、国債の運用益の改善や1%金利の当座預金という強い味方ができたのだから、それだけ気も大きくなるというものだ。大幅に収益が改善されるなら、少しは冒険もするようになる。

借り手のほうもやや金利は上がるものの、イケイケの銀行の貸し出しに、多少の金利高は問題ないだろう。必要だから借りるのであり、低金利だから借りるのではない。

マイナス金利で収益が悪化するなかで、迂闊な貸し出しは出来ない。おのずと審査も厳しくなる。低金利だが厳しい審査と、高金利だが甘い審査では、どちらが貸し出しが増えるだろうか。

甘いかもしれないが、銀行の収益を確保した上で思いきりのいい融資を後押しした方が、マイナス金利でしばきあげた上で、融資に追い込むより効果はあるだろう。

何より銀行の収益が改善することによる、経済効果が期待できるようになる。

銀行員だけいい目を見るのに抵抗が無いわけではないが、行員の金遣いが荒れるのが狙いだ。行員は新築で家とか建てるといい。

一番いいのは政府による減税や支出の拡大だ。しかし、あえて日銀総裁という立場で出来ることを書いてみた。

マイナス金利の逆をいくプラス金利を提案したい。マイナス金利の深堀などもってのほかだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA