郵政上場

2015年11月8日 投資

カブドットコム証券から郵便事業のIPOを申し込んでいたら当選した。今まで一度も当たったことがなかったのでラッキーと思ったが、発行数が多いので当たりやすいのだろうか。

公募価格の1400円を上回り、現在1800円くらいだ。ところがかんぽ生命は2200円の公募に対して3000円を上回ってしまっている。かんぽ生命しておけばよかった。

ゆうちょ銀行にしてもかんぽ生命にしても限度額があり、それぞれ1000万ずつの2000万までだ。もしこの限度額の拡大や撤廃などがあろうものならその伸び代は計り知れない。対して郵便事業はジリ貧である。しかし、国際条約で郵便事業を国がやめてしまうということはないので、郵便事業が一番倒産リスクが少ないという不思議な会社だ。

郵便事業の歴史は古く、明治維新後に前島密先生によって全国の庄屋に郵便事業代行の依頼をしたのが、特定郵便局のはしりとされている。その後、うちの近所の郵便局は集配再編のため窓口だけになってしまった。

昔はデイトレードやシステムトレードを嗜んだこともあった。しかし、今は長期投資一本になった。投資という意味は本来的にはトレードとは違う。トレードのほうが短期的にはもうかりそうなので、そっちもやりたいのだが自分には無理らしい。今まで相当にやられているのでorz

短期トレードだと一年で倍などといったことも可能なので、資金が少ないうちはそちらのほうがいいような気もする。しかし、自分には技術もその技術を身につける根性もないので、長期投資にした。今では長期投資に満足している。投資信託万歳だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA