鳩山二郎氏の応援に小池百合子東京都知事が!

2016年10月10日 政治

10月10日、福岡6区の補欠選挙の立候補者の鳩山二郎氏の応援に、小池百合子氏が登壇した。

会場に近づくにつれて、市内はいつもの休日に比べて人が多い。車中からみるアーケード街は、子供の頃に見た活気にあふれている。昔のまだ賑わいのあった頃の久留米に戻ったかのようだ。

もしかて、みんな小池百合子を見に行っているのだろうか?

まさか、そこまではないだろうと思っていたら、まだ30分前にもかかわらず会場には人だかりができていた。

img_20161010_131935

民進党の新井ふみこ氏の応援に蓮舫代表がきた時以上だ。久留米市議会からも多くの議員が応援に駆けつけており、鳩山候補の勢いをまざまざと見せつけられた。

主役である鳩山二郎本人が「今、小池百合子知事がこちらに向かっています」と言ったのには、会場から失笑が漏れる。

そして小池百合子知事の登場だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f

今朝、テレビで見た知事が目の前にいる。片山さつき、高市早苗、稲田朋美のグロ美魔女軍団に比べれば、品の良さは格段に上だ。豊洲の方はどうですか?と聞きたかった。

しかし、東京を緑あふれる環境都市にすると都知事選のときは宣言していたが、蓋をあけるとカジノを誘致するなど環境とは真逆の政策を打ち上げ始めている。どうも安部総理との距離が近くてあまり好きにはなれない。今日のスーツもいつもより緑が薄かった。

夕方のニュースで民進党の応援に野田元総理も久留米に来ていたようだった。人もまばらで小池百合子とは比較にならない。イボイノシシが画面に映っているように見えた。

選挙戦を通じて思うのは、どの候補も一切政策を言わない。言質をとられるのが嫌なのか、なんなのか。「今までも政策を訴えてきたが、まだまだ足りないという声もある。より一層政策を訴えていきたい」とある候補者がテレビで言っていた。本気でそう思っているのだろうか。

TPPをどうするのか、改憲をするのかしないのか、消費税を上げるのか下げるのか、そういった重要な問題をはっきり主張したらどうだろうか。逃げ場を作らずに戦ってほしい。今日、六角堂広場に集まった久留米の人とたちは、何を基準に鳩山二郎を応援しているのだろう。その辺の機微がよくわからない。

今日はベルちゃんも同行した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA