日銀が行った量的緩和とは何か?

国内, 日本銀行

黒田日銀総裁が就任して3年半が経ちました。その間、一貫して2%の物価上昇率の達成を約束してきましたが、とうとう自分の任期の間は達成できない見通しとなりました。

あらためて、黒田日銀が行った量的緩和とは何かを振り返ってみましょう。

物価を上げるためには、消費や投資といった支出が必要となります。消費や投資が盛んということはイコール好景気であり、支出が増えればに物価が上がることになります。つまり、黒田総裁は景気を良くしたかった、ということです。そのためには、銀行にお金が大量にあれば、企業や個人が借りて投資するので好景気になると考えました。

銀行は国の債権である国債を大量に持っています。預金者から預かったお金を、国に貸し出して運用するためです。債権は元本が保証されているので、安全に運用をすることができます。その国債を日銀が買い取りました。これが量的緩和と言われるものです。

finance3

銀行は国債を手放して現金を入手します。このことによって、企業に貸し出す資金が銀行に準備されたわけです。日銀が国債を買い取るために支払ったお金は税金ではありません。日銀が新規に発行した通貨です。量的緩和には300兆円近いお金が使われており、今後も年間80兆円くらいのペースで国債を買い取っていく予定です。

sosai

楽しそうに印刷していますね。ここまでは上手くいきましたが、銀行から先に貸出しが拡大しなければ意味がありません。
理想としては全部貸し出せば企業は投資に回すので景気拡大と物価上昇が見込まれます。
しかし、現実にはこのようにほとんど投資にはまわらず、銀行の手元に残ってしまいました。

finance4

緩和をしたものの、お金は市場には十分にまわりませんでした。お金の貸し借りは、貸す側と借りる側の両方の意見が一致しなければ成立しません。通常、企業は仕事が忙しくなると人を増やしたり、事務所を大きくしたり投資を行います。いくら銀行が貸すからといっても仕事がない以上、投資はしないわけです。また、銀行にしても借りてくれるなら誰でもいいわけではありません。確実に返してくれる人を選ぶ必要があります。

このような理由から量的緩和は失敗ということになりました。


マイナス金利は効果はあったか?

マクロ経済, 日本銀行

9月20日、21日と日銀の金融政策決定会合があった。

今まではガムシャラに緩和を行うというスタンスだったが、今回の会合で短期金利と長期金利があまりにフラットにならないようにする、という決定がなされた。イールドカーブ・コントロールとか難しいことを言い始めた。

2年ものの国債の直近の利回りは-0.24%で10年ものの国債の利回りは-0.1%だ。これを短期は-0.1%にして、長期は0%程度になるようにしたい、ということらしい。

短期と長期ともにマイナス域に入ってはいるものの、それほどフラットでもないような気もするが、日銀としては、これを全体的に少しプラス圏に持っていきたいということだろう。

当座預金のマイナス金利と国債のマイナス金利が、銀行の収益に悪影響を及ぼすという認識が出てきたようだ。日銀の当座預金の一部がマイナス金利になる一方で、預金者の金利はマイナスにすることはできない。その板挟みで銀行は苦しんでいる。

今年の1月末にマイナス金利を導入して8ヶ月が経って、肝心の銀行の貸出は増えたのだろうか?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-25-17-53-23

上は全国銀行協会のデータで、全国の銀行の貸出実績の前年同月比のグラフになる。棒グラフが銀行全体のもので、折れ線グラフが銀行の形態別の動向になっている。

貸出は全体的には微減している。マイナス金利は効果がなかったようだ。

日銀は貸出金利は下がっていると評価していたが、さすがに貸出額が少し減ったとは言えなかったらしい。

信託銀行が上に伸びており、これは不動産投資向けの融資が劇的に増えたと思われる。対して都市銀行はむしろ下がっており、全体としてはおおきな変化はなしとなった。設備投資関連が減って土地活用の不動産投資向け融資が増えたということは、貸出の中身が悪くなったと言えなくもない。

不動産投資家は、いかに安い金利で借りるかということに命をかけている。少しでも毎月の返済が安ければ、手元に残るキャッシュが増えるからだ。なので、わずかな金利にも不動産投資家は神経を尖らせている。

一方で企業の設備投資はむしろ悪化している。企業は金利が安いから借りるのではなく、必要だから借りるのだ。売り上げが期待できない以上、いくら金利が安いからといっても借りることはない。マイナス金利によって景気の底上げはできずに、変なバブルを招く危険性があるようにも見える。

やはり、銀行が日銀にもつ当座預金の金利を引き上げるのが、最も効果があるように思われる。
当座預金の金利がつくとなれば、銀行は国債を売り始めるだろう。売った金を当座預金に入れて金利を稼ぐことができる。

国債の価格が下がって利回りが上がると、政府の新規発行の国債は既存国債の利回りを参考に利率を決めるので、やや高い金利になる。そうすると、国債を保有する金融機関は利回り改善するので、収益改善が見込めることになる。

国債の利払いが増えれば、それだけ政府から市場にマネーが出て行くことになる。緊縮財政を非難する人は、是非国債の利払いが増えることで、積極財政と同等の効果があることを理解してほしい。


日銀は物価を上げたかったら金利を上げなさい!

日本銀行

日銀がヘリコプターマネーを実行することはできない。文字どおりヘリコプターに現金を詰めた袋を載せて、空から撒くのは犯罪になるからだ。

黒田総裁が髪を乱して、ヘリポートに姿を現すイメージも沸きにくい。

黒田総裁に何罪が適用になるかはわからないが、もし、国民の懐にお金を入れるとしたら、給付金のような形をとるだろう。

ヘリコプターマネーという刺激的な名前によらず、地味な政策だ。給付金というからには、政府が実施することになり、いずれにせよ日銀が直接的に手を下せるものではない。

しかし、日銀にも唯一バラマキができる方法がある。バラマキというのは、一般的には給付金や公共事業といった政府支出なのだが、日銀にも合法的にバラマク手段があるのだ。

それは、マイナス金利をやめてプラス金利を復活させることだ。それも1%くらい高めでいい。

何が起こるかというと、銀行は国債を売って日銀の当座預金に入れ始めるだろう。国債の金利が上がりはじめて、大体1%前後に収束する。10年といった長期のものはそれよりも利回りが上昇する。

国債の価格が下落するので、逃げ遅れる金融機関も出てくるが、日本全体で見るとマネーの絶対量は増えるので、いずれ挽回できる。短期的には手当が必要かもしれないが。

貸し出し金利は上がるものの、銀行の収益改善により、より積極的な貸し出しが期待できるようになる。

なぜなら、国債の運用益の改善や1%金利の当座預金という強い味方ができたのだから、それだけ気も大きくなるというものだ。大幅に収益が改善されるなら、少しは冒険もするようになる。

借り手のほうもやや金利は上がるものの、イケイケの銀行の貸し出しに、多少の金利高は問題ないだろう。必要だから借りるのであり、低金利だから借りるのではない。

マイナス金利で収益が悪化するなかで、迂闊な貸し出しは出来ない。おのずと審査も厳しくなる。低金利だが厳しい審査と、高金利だが甘い審査では、どちらが貸し出しが増えるだろうか。

甘いかもしれないが、銀行の収益を確保した上で思いきりのいい融資を後押しした方が、マイナス金利でしばきあげた上で、融資に追い込むより効果はあるだろう。

何より銀行の収益が改善することによる、経済効果が期待できるようになる。

銀行員だけいい目を見るのに抵抗が無いわけではないが、行員の金遣いが荒れるのが狙いだ。行員は新築で家とか建てるといい。

一番いいのは政府による減税や支出の拡大だ。しかし、あえて日銀総裁という立場で出来ることを書いてみた。

マイナス金利の逆をいくプラス金利を提案したい。マイナス金利の深堀などもってのほかだ。