住友化学【4005】から配当

住友化学から配当金を頂きました。


200株 2200円

基本的に最小単元というルールなんですが、100株だと5万円にしかならないので、ルールを破って200株買ってしまいました。

例によって定量的な分析は一切行っていません。

ほとんどギャンブルなんですが、一部上場銘柄なので、多分大丈夫だろうな、という程度です。

住友と付いているし、何となく堅そうな会社だと。

分散していますので、仮にゼロになったとしてもリスクは2%弱になります。

これが分散投資の良いところです。

ある程度当てずっぽうに買っても、銘柄が増えれば増えるほど市場平均に収束します。

株というのは長い目で見れば、プラスの期待値をもっていますので、何となく増えればいいや、というからあげ弁当のような適当な投資家にはこういった買い方もありなのです。

その最たるものが投資信託になります。

投信を買ってる人で個別銘柄を確認している人は、まずいないでしょう。

最低限度の組入れ基準は理解していても、個別の定量分析は不要ですし、そこが良いところでもあります。

また、住友化学が減配になるリスクと、今勤めている会社のボーナスがカットされるリスクを比べれば、圧倒的に後者の可能性が高く、その影響も大きいです。

そんな大きなリスクを抱えながら、ポートフォリオの中の1つに神経を尖らせるのは、いささかバランスがおかしいと思います。

なので、からあげ弁当の株の買い方は、知っている会社というだけで買うこともありということにしています。

スクリーニングして割安株や成長株っぽいものを買うこともにありますが、所詮真似事にすぎません。

本当に割安株に投資をするなら、どのファクターが有効かといった気の長い検証が必要になります。

大量のデータと時間を費やして、自分なりの手法に再現性があることを確認しなければなりません。

しかし、そこまで根気よく研究することはからあげ弁当にはできません。

ほどほどのリターンでいいので、それほど時間と手間をかけない方法として、適当に良さげな銘柄を、何となく買うという方法に行き着いたというわけです。

買う基準としては何となく知っているとか、そこの製品がすきといった程度です。

とは言うものの、先般からの調整で含み損が拡大しています。

持株が全体的に値が下がっていますので、現金比率が高まっており、来年の1月時点で現金が1/4以上を占めるようであれば、何かまた好きな株を買いましということになります。

2019年の受取配当額は55,178円になりました。

米中貿易戦争の影響で相場が荒れ気味です。

現在の米中貿易戦争は中国が不利で、終いには米国債を売り払うかもといった憶測が流れています。

しかし、そもそも中国がもつ米国債は為替介入して元を売ってドルを買った結果なので、米国債を売り払ったところで、中国には何のメリットもないわけです。

むしろ元高になって、アメリカを喜ばせることになるでしょう。

アメリカにしても売られた国債は、FRBが買い支えておしまいです。

輸出は自国民が働いて製品を作る必要があります。

中国は今のところ頭数に物を言わせて生産していますが、そのうち日本同様の少子高齢化を迎えます。

その時になっても輸出を伸ばす余力があるとは思えません。

中国は先端技術への投資を惜しみなくやってますので、人手不足を乗り越えるような気もしますが。

日本は貿易はトントンで、あまり儲かっていませんが、それでいいと思います。

国内は人手が不足していて、外国のために働くような余力はないはずですから。

その代わり、海外への投資をたくさんしていますので、配当などの所得が毎年20兆円くらいあります。

いってみれば不労所得というやつです。

貿易黒字で相手国の雇用を奪うより、スマートなやり方だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA