ジャパンリアルエステイト投資法人 投資証券【8952】他からの配当

ジャパンリアルエステイト投資法人投資証券とエムスリー(2413)から配当を頂きました。

ジャパンリアルエステイト 1株 9,697円
エムスリー  100株  700円

やはりリートは配当が大きいです。

やってみたいけど不動産投資は面倒だという人にはリートはおすすめです。

現物との違いは空室リスクを考えなくていいところです。

ワンルームマンション1部屋だと100%か0%かになってしまいます。

部屋が空いてしまうと収入はゼロになり収入は途絶えます。

少し頑張って4部屋くらい持ってリスク分散したとしても、1部屋空いただけで稼働率75%まで落ちます。

ジャパンリアルエステイトはオフィスビルを賃貸していて、稼働率は99.2%です。

それが60万円代から投資できますので、不動産投資の間口を大きく開いてくれる金融商品であることは間違いありません。

また、日経の調整にもめげず、含み益が出ています。

リートには追い風が吹いているようです。

一方のエムスリーは今年1月にリバランス時に購入したものですが、含み益が若干出ています。

医療関係の会社で、売上が伸びていたので買いました。

やっぱり売上が伸びているというのは、最も重要な要素だと思います。

いくら利益が出ていても売上が下がっていたら、世の中から必要とされていないということも言えますので。

収益改善は比較的簡単にできても、売上を伸ばすというのは並大抵のことではありません。

しかし、人生において選択するというのは重要なことだなと思います。

投資をするかしないか、家賃を払うか家賃をもらうか。

働いて給料をもらうか、働いてもらって配当をもらうか。

ハッキリ言ってからあげ弁当は投資は下手くそです。

しかし、投資をするという選択をして、人から家賃をもらうという選択をしているので、ベクトルとしては間違っていないと思っています。

もっといいリートはあるかもしれないし、投資法にしても研究すればパフォーマンスはもっと上がるでしょう。

でも、一番大切なのは投資をするかどうかだと思います。

自分がどっちの方向を向いているのかを自覚するのは、人生において重要なことではないでしょうか。

福岡から東京に行くのに南に行ってしまってはダメです。

いくら速くても九州新幹線の鹿児島行に乗ったら東京には行けません。

素早く鹿児島についてしまうだけですので。

歩きでもいいので、北へ向かうべきです。

広い視野で選択していくというのは大切だなと思うわけです。

福岡リート【8968】からの配当

福岡リートから配当をいただきました。

1口  3,687円

福岡リートは地元福岡ということもあって、特別な思い入れがあります。

地元の方ならご存知、キャナルシティ博多を所有しているという優越感が素晴らしいです。

日本の個別株の中には福岡リート以外にも日本ビルファンドやジャパンリートなど、数銘柄リートがあります。

不動産投資は敷居が高いという方も、リートであれば10万円くらいから不動産投資ができます。

リートの一番いいところは空室リスクが低いということだと思います。

実物不動産だと複数物件を所有しないと、どうしても退去などの空室リスクがあります。

ワンルームマンション1つだと、0%か100%になってしまいます。

後が埋まらないといったことになると、ローン返済を手出ししなければいけないリスクもあり、かといって複数所有するというのはハードルが高いものがあります。

そんなときにリートであれば空室の心配もせずにすみますし、利回りも明確なので取り組みやすいのではないでしょうか。

手間もかからず、数万円ていどから始められますので、いい時代だなと思います。

実物不動産のいいところを上げると、銀行から借金して投資ができるということでしょうか。

株を買うのに銀行はお金は貸してくれませんので。

2019年の総配当受取額は48,188円になりました。