「れいわ新選組」完璧な経済政策

山本太郎が自由党を離党して、一人でれいわ新選組を立ち上げました。


現在、一人しか居ませんので、まだ政党にはなれないのですが、今後の選挙次第では、国民にとって本当に有望な受け皿になると期待しています。

しかし、れいわ新選組が掲げる政策は、惚れ惚れしてしまいます。

  • 消費税廃止
  • 奨学金チャラ
  • 最低賃金1500円(政府が保証)
  • 公務員を増やします
  • トンデモ法を廃止
  • 原発即停止

上にあげたものが全てではないのですが、これらが実現しただけでも、多くの国民がその恩恵をうけて、本当の意味で豊かさを享受できる素晴らしい未来が待っていることでしょう。

消費税廃止

言わずもがなの消費税廃止です。このデフレ真っ只中で、何をしてくれてんだという話です。


GDPの6割が個人消費をしめており、2%の増税で約6.5兆円のお金が市場から政府へ吸収されることになります。

6.5兆円が福祉などに使われれば再び市場にもどるわけですが、公債費の抑制に使用されますので、そのまま消えて無くなることになります。

お金はもともと日銀(政府)が作り出したものなので、再び政府の手によって無くなるというわけです。

こんなことをやれば、デフレになるのは当然と言えます。

奨学金チャラ

現在、新卒の二人に一人が学費の借金を背負って社会に出てきます。

20年くらい前はそんなことはありませんでした。

以前に比べて日本人は貧しくなったと思います。

最低賃金1500円

賃金安すぎてカツカツの生活です。所得が低ければ、奨学金を使わざるを得ないというように、悪循環になってます。

まずは、所得をまともな水準まで引き上げる必要があります。

そのためには消費税廃止を含めて、政府が所得保証するくらいのことが必要です。

公務員を増やします

一万人あたりの公務員数は先進国最低です。

災害などで小学校の体育館が避難場所になったりしますが、常駐する職員は平均で1人です。

一人で何百人ものお世話ができますか?

基本的に被災者自身が、生活の一切を取り仕切らないとなりません。

あらゆる場面で公務員の数は不足しすぎています。

トンデモ法を廃止


TPPや移民法などを廃止するそうです。これら法律は企業にはメリットになっても、国民個人のメリットにはなりません。

企業の業績が上がっても、従業員に還元されにくくなっています。

わずかな企業の利益のために、日本社会を混乱させるのは本末転倒です。

原発即廃止

株を買うときも、社会的に意味があるのかというのは非常に重要です。

どんなに儲かっていても、原発関連や人材派遣会社に投資する気がおきません。

福島を目の当たりにして、未だに原発を推進する経団連の姿勢は理解し難いです。

今まで人のことを立派とか思ったことはほとんどありませんが、山本太郎は立派だなあとしみじみ思います。

かつて、元気がでるテレビで、破天荒なキャラクターを演じていた、あの山本太郎がというのもありますが。

山本太郎が当時と変わったのかというと、そうではなくて、昔は人を笑わす事でサービスし、今は政治で人を助けをしているんだと思います。

その根底に共通してあるのは、サービス精神なんだろうなと。

人が喜ぶことをしたいというのが、山本太郎なんでしょう。

だから立派だと思うわけです。

現在、れいわ新選組では、選挙資金の寄付を募っています。

からあげ弁当もわずかですが寄付をしました。

平成のような政治を令和に引きずらないためにも、ご協力をお願いします。

寄付で協力したいという方はこちらまで

以下、れいわ新選組のHPの内容を転載します。

必要な金額

衆参ダブル選で挑戦する場合、10億円が必要。

参院選で最大限の挑戦をする場合、5億円が必要。

参院選で10人の候補者を擁立する場合、3億円が必要。無謀な挑戦に終わらぬよう期限を切ります。

5月31日までに1億円集める

5月31日までに1億円が集められるなら、その先には3億円〜5億円を集められる可能性があると考えます。

集まり具合によって、上記のプランいずれかを実行いたします。

1万人から1万円いただけると1億円。

5万人から1万円いただけると5億円。

10万人から1万円いただけると、10億円(この場合、衆議院とのダブル選挙にもリーチ)1万円にこだわっている訳ではありません。

みんなで出し合えば、巨大政党と並ぶ戦いが展開できるという例です。

千円でも5千円でも、1万円でも、100万円でも。あなたのできる範囲でのお力添えを賜れれば幸いです。

れいわ新選組への寄付はこちらまで