みずほフィナンシャルグループ 【8411】他から配当

みずほフィナンシャルグループ、ヤフー、東芝他から配当をいただきました。

みずほフィナンシャルグループ500株1,875円
ヤフー100株886円
東芝2株20円
東ソー100株2,800円
シャープ5株100円
三菱製紙10株50円

一銘柄あたり最低単元というルールがありますが、みずほフィナンシャルグループは100株だと2万円にしかならなかったため、500株10万円分購入しました。

ルール破りまくりですね。

しかし、過大なポジションではないため、リスクは抑えられています。

東芝の2株やシャープの5株というのはカブドットコムのミニ株です。

一万円ずつ数多くの銘柄に投資しており、気に入った銘柄は買い増しして最低単元まで増やすということをやっています。

ヤフーはもともと30株程度でしたが、100株に昇格しました。

東芝は不正会計の件もあり、手放そうかと思っていますが、未だに持ち続けています。

原発銘柄ですしイメージが良くないので、そのうち売ると思います。

2019年に頂いた配当は60,907円になりました。

しかし、日銀の銀行いじめはひどいですね。

いわゆるマイナス金利政策ですが、 銀行は預金の一部を日銀の当座預金に入ており、その中の一部にマイナス金利がかかっています。


2019年4月の時点で19.6兆円に-0.1%のマイナス金利がかかっていますので、このままいくと2000億円近いお金が、銀行から吸い上げられることになります。

これはいわば、貸出ができずに当座預金に寝かせている銀行に対する罰則です。

貸出というのは貸し手と借り手が合意して成立するものなので、貸し手ばかり焚き付けても仕方がないのですが、日銀はこれでうまく行くと思っているようです。

一部の不動産投資家は低金利なので喜んで物件を増やしているようですが、一般の企業や家計は金利を見て投資するわけではないので、銀行を焚き付けたとしても限度があります。

しかも、企業の設備投資はさほど低調というわけでもありません。

伸びていないのは個人消費や住宅投資なので、やはり働く人の給料を上げないと国内の需要は上がらないでしょう。

家を建てるにしても、金利よりも給料の水準が絶対的なファクターになりますので。

そして、最も重要なことですが、公共事業が減ってます。

人には投資を煽りながら、政府は投資を減らしています。

日銀は政府に貸し付ければ良いわけです。

政府も日銀から借りて、日本経済のために投資すべきでしょう。

銀行に対するマイナス金利は、市場のお金が減らすことになりますので、デフレを促進します。

デフレがまずいのは、みんな金欠病だというところです。

デフレそのものがヤバイというよりは、金欠病の結果、消費が減ってデフレになるというメカニズムにありますので、お金がなくて貧しい思いをすることそのものが問題なのです。

政府はマイナス金利にしてみたり、年金の額を減らしてみたり、増税してみたり、とにかく世の中のお金を減らして、金欠病が悪化させることに余念がありません。

そういう意味で日本という国は、そとづらはいいですが自国民を痛めつけるDV国家だなとつくづく思います。

福岡リート【8968】からの配当

福岡リートから配当をいただきました。

1口  3,687円

福岡リートは地元福岡ということもあって、特別な思い入れがあります。

地元の方ならご存知、キャナルシティ博多を所有しているという優越感が素晴らしいです。

日本の個別株の中には福岡リート以外にも日本ビルファンドやジャパンリートなど、数銘柄リートがあります。

不動産投資は敷居が高いという方も、リートであれば10万円くらいから不動産投資ができます。

リートの一番いいところは空室リスクが低いということだと思います。

実物不動産だと複数物件を所有しないと、どうしても退去などの空室リスクがあります。

ワンルームマンション1つだと、0%か100%になってしまいます。

後が埋まらないといったことになると、ローン返済を手出ししなければいけないリスクもあり、かといって複数所有するというのはハードルが高いものがあります。

そんなときにリートであれば空室の心配もせずにすみますし、利回りも明確なので取り組みやすいのではないでしょうか。

手間もかからず、数万円ていどから始められますので、いい時代だなと思います。

実物不動産のいいところを上げると、銀行から借金して投資ができるということでしょうか。

株を買うのに銀行はお金は貸してくれませんので。

2019年の総配当受取額は48,188円になりました。

プレナス【9945】から配当を頂きました。

プレナスといえば、ほっともっと、やよい軒、MKレストランを経営する会社ですね。

色々お世話になっている会社です。

ほっともっとは独身者にとっては生活インフラですから、電気や水道みたいなものなのではないでしょうか。

  • 100株 3000円

NISA枠で保有していますので、3000円は非課税になりました。

プレナスは1株当たり60円か、純利益の50%の多いほうを配当する方針のようです。

2019年2月末が決算で赤字に転落してしまいましたが、配当ルールから60円(30円が2回)は配当されました。

2019年の総配当受取額は44,501円になりました。

会社の利益は以下の5段階で計算します。

①売上総利益(粗利益)売上 - 売上原価(仕入れ)
②営業利益売上総利益(粗利益) - 販売費及び一般管理費
③経常利益 営業利益 + 営業外収益 - 営業外費用
④税引前当期純利益  経常利益 + 特別利益 - 特別損失
⑤当期純利益 税引前当期純利益 - 法人税等

株主がもらう配当金は最後に算出される⑤の純利益の一部で、残りは内部留保されて翌期以降の投資などに使われます。

配当性向が40%という会社があった場合は、残りの60%は内部留保されることになります。

今回、プレナスは赤字ですので、配当性向は無限大ということになりますね。

配当金が純利益から出ているというのはご存知だと思いますが、もう一点見ていただきたいのが売上総利益です。

実は、この売上総利益がGDPの元になる、付加価値と呼ばれる部分になります。

厳密にいうと、売上総利益から光熱費や家賃を引く必要があります。

2019年2月の決算書をもとに、2018年3月1日~2019年2月28日の間に生み出されたGDPをざっくり計算したところ、300億円でした。

日本の一年間のGDPが約548兆円ですので、そのうちの300億かとおもうと、なんか少ないような、感慨深いものがあります。

配当をいただきました。

保有している日本株のうち、積水ハウスと丹青社から配当をいただきました。

・積水ハウス100株 4000円
・丹青社100株 2100円

NISA枠なので、6100円〇儲けです。

積水ハウスも丹青社も配当利回り3%を超えていたので、配当目的に保有しています。

積水ハウスはみなさんご存知のハウスメーカーですね。いつかは住んでみたい夢の家を販売しています。

丹青社は今年1月のリバランス時に新規に購入しました。

ビルの内装などを手掛ける会社で、デザインから施工まですべて自社で賄っているそうです。

社長がいかにも社長といった感じの方です。

丹青社は単なる内装工事屋さんというより、空間をデザインするようなコンテンツビジネスだと思っています。

やってることが良いなあと思ったのが買い付けた理由です。

どんなに利益が上がっていても、社会的にどうなの?という会社には投資したくありません。

原発関連とか。

2019年の受取配当額は40,501円になりました。