それは投資なのか?投機なのか?

からあげ弁当です。

投資と投機の区別の仕方をご存知でしょうか?

株の長期投資は投資で、デイトレは投機だと言われることがあります。

短期売買は投機で、長期投資は投資というわけです。

では、中期投資はどうでしょか?

半年くらい株を保有した場合はどちらでしょう?

同じ株を買うにしても、売買の仕方によって投資になったり投機になったりします。

デイトレも長期投資も株を買いますので、やってることは同じでも中身が違います。

長期投資が必ずしも投資とは限らないのですが、短期売買を繰り返すデイトレードは明らかに投機に分類されます。

保有期間の長短とは別に、投資と投機には明確に違いがあります。

投資というのは、資産をつぎ込んで経済活動を行うことによって得る利益です。

投機というのは、株など値動きを利用して、買ったときと売ったときの差額から得た利益です。

株はご存知のように、会社の資本金として会社にあげるお金です。

誤解されている方もいるかと思いますが、株を買うということは、会社にお金をあげてしまう行為なのです。

その代わり、経営に参加する権利と配当金を貰う権利が発生します。

株が現金化できるのは、東証などで他にほしい人に転売するからです。

なので、会社にお金を返せと言っても、返してはもらえません。

会社が倒産したら株のお金は返ってきませんが、倒産しなくても返ってこないということですね。

まさに投げる資産(投資)なわけです。

汗水を垂らして働いて、世の中のためになる製品やサービスを世に送り出し、従業員の給料や税金を支払った残りを、配当金として受け取る。

これが真の投資です。

お客さんや従業員、株主までみんなが幸せになることが重要です。

昔の商売人は三方よしということを言っていました。

売り手と買い手だけでなく、社会にとっても有益な商売こそが良い商売だとする考え方です。

投資には時間がかかります。

今日投資して、明日利益を得るというふうにはいきません。

投資 = 地道にビジネスを育てるということだからです。

一方の投機はそういった実体経済とは無関係な、株の動きにのみ着目するゲームです。

株は上がったり下がったりしていますので、うまいタイミングで飛び乗り、そして値上がりしたタイミングを逃さずに利益を確定します。

一瞬の判断が試される、高度な知的ゲームと言えるでしょう。

ただ、勝つ人がいれば負ける人もいるのが投機であり、投機によって得られた利益は誰かの損失によるものです。

投資と投機の違いは、その利益が実体経済によってもたらされたものか、それとも誰かの損失によるものかどうかで決まります。

配当だけが投資というわけではなく、会社が成長することで、株価が値上がりする場合もあります。

こういった値上がりによる利益も投資に分類できます。

投機も値上がり益によるものなので、区別が難しいところですが、背景にある考え方を理解しておくことが大切だと思います。

ビットコインの値段がまた上がってきていますが、投機の最たるものです。

仮想通貨に「投資している」といわれると、ものすごい違和感を感じます。 

ちょっとまって、それは「投機」でしょうという。

FXにしてもそうです。

スワップ金利は配当ではなく、金利ですので、どちらかというと外貨預金のような貯蓄に分類されます。

レバレッジを効かせて値動きによる利益を得れば、投機ということになります。


投機であれば、短期間でものすごく儲けることも可能です。

年率200%、300%とかも十分にあり得ます。

ただ、投機はほとんどの人が負けます。

ボクシングでチャンピオンになるように、他人を負かしていく必要があるためです。

投機の世界には世界のトッププレーヤーがゴロゴロいました。

いましたというのは、今はほとんどAIが取引しているからです。

もはや人間がノコノコ出ていって、勝てる場所ではなくなっています。

勝ち続けることが出来れば、投機は素晴らしいゲームになります。

でも、ほとんどの人には無理です。

私は無理でしたし、AIに人間が勝てるはずもありません。

しかし、投資はビジネスが上手く行くまで待つことが出来れば、たいてい儲かります。 

年に3%とか4%とか投機に比べればささやかなものです。

時間もかかって地味なので、多くの人は投機に飛びつきますが、そのうちやめてしまうか投資の方に鞍替えします。

私もデイトレ、fx、株指数オプション、株価指数先物などいろいろな投機をやってきました。

でも、一円も儲けることができませんでした。

それだけ投機は難しいです。

でも、絶対に儲けることは無理とも言い切れないので、少し試してみるのも、人生のスパイスとしては良いのではないでしょうか。

スパイシーなこと請け合いです。

投資も投機は自己責任で。

というわけで、投資と投機の違いでした。

株と違い、FXが投資にはならない理由

FXは投資ではない

FXで投資を始めようと考えている方には、冷や水をかけるようで申し訳ないのですが、FXは株などの投資とは違います。預貯金に金利がつかず年金に不安がある中、老後の準備に投資を考える方も多いかと思います。

確定拠出型年金などは株などを組み込んだ投資商品であり、こういったものは問題ないのですが、外国証拠金取引のFXは投資対象にはなりえません。特に老後の資金を考えている人には、とてもおすすめできるようなものではないのです。

その理由は、FXは投機だからです。FX業者の広告などを見るとFX投資を始めませんか?と必ず投資と書かれています。でも、これは少し問題がある表現と言わざるを得ません。

その利益の裏には誰かの損がある

投機と投資の違いは、その利益のうらには誰かの損失があるかどうかです。もし、1ドル110円の時に、1ドルを保有したとします。その後、120円になった所で円に戻せば10円の利益になります。その後、110円に戻ったとしても、利益は確保されています。ただし、120円で円を買いに戻す際に、反対側では120円を1ドルにした人がいたわけです。

1ドルを持った人は、逆に110円に値下がりすることで、10円の損になります。あなたが10円利益を得た裏では、10円の損失を出した人がいるわけです。いわゆるゼロサムゲームというものです。

利益を得た人と損をした人の損益を合計すると、ゼロになるためにそう呼ばれています。投資と投機の区別はゼロサムゲームがどうか?利益の裏で、誰か損をした人がいるかどうかで決まります。

株とFXの決定的な違い

下の図は46年にわたるドル円のチャートです。

1971年に変動為替になったために、それ以前のデータはありません。1971年から今現在(2017年)までに1/3になりました。

大きく値下がりしているように見えますが、360円から120円という値幅は、株に比べると小さな動きです。また、下がっても売りから入ることができれば儲けることは可能です。

一方、下の図は株です。ダウ指数の過去37年のものです。

1980年に比べて10倍以上になっています。株は時間が経てばたつほど価格が上がります。企業が成長すると株価も上がるためです。

簡単に言うと為替の動きは

といったような横の波であり、株は

のような右肩上がりのグラフになります。

株と為替が決定的に違うのは、このグラフの形状です。為替の動きは2国間の通貨の交換レートですので、上がるのが正義というわけではありません。その時々で適正と思われる価格に落ち着きます。

上がると思って買ったら下がりだしたり、下がると思って売ったら上がり出したりするので、勘よく売買する必要があります。細かく売買するうちに、儲かる人と損をする人がでてきます。横の波はゼロサムゲーム(投機)になる原因になります。

株も短期で見れば上下を繰り返しており、その点は為替と変わりありません。しかし、長期的には値段が上がり続けるため、短期売買をしなければ、ゼロサムゲームにはなりません。

長期的なスタンスで株を保有すれば、みんなが利益を得ることも可能なのです。残念ながら、日本の株は1990年代のバブル崩壊以降は、その当時の価格を上回っていません。日本経済がデフレで、経済成長がストップしているためです。早いデフレ脱却が求められます。

スワップ金利による投資

高金利通貨のスワップを目的としたものは、投資のようにも思えます。ただ、これは外貨預金と同じで投資ではありません。お金を借りてきて貯金をしているのと同じことです。貯金をするのに為替リスクをとるのは割に合いません。

ランド円は高金利通貨ですので、スワップ目的で保有する人が多い通貨です。ただ、2007年からのチャートを見てもらうと大きく値下がりしています。

少しくらいスワップ金利がよくても、これだけレートが動いてしまうと損失になるでしょう。含み損がプラスになるには長い年月待つことになります。短期トレードよりはましかもしれませんが、それでもおいしい話というわけでもなさそうです。

コツコツ貯まっているようで、一年間スワップ金利を貯めたとしても、1日で評価損がマイナスになることもあります。待っていればプラスになるかもしれませんが、それがいつになるかはわかりません。

FXで勝ち続ける自信はありますか?

FXで勝ち続けるのは、ある意味、他の人を負かし続けることです。勝ち続ける人がいない訳ではないのですが、かなり難しいのが現実です。まして、資産形成の為に手を出すのはオススメしません。

パチンコのように攻略できないことはないのかもしれません。しかし、投資とは程遠いのは言うまでもありません。投機は運の要素が大きいのです。

まとめ

横に続いていく波はゼロサムゲームを生みやすいので、注意が必要です。FXは特にその傾向が顕著なので、理解した上で取り組むことをオススメします。

また、スワップ目的としたものも、貯金をするのに為替リスクをとるのは割に合いません。同じ理由で外貨預金などもオススメできないのですが、手数料が安い分、FXのほうがまだましかもしれません。

・投資はみんなが利益を得ることも可能。
・投機はみんなが利益を得ることは不可能。(うまく売買はすれば利益になる。)

横波にはくれぐれもご注意を。